Home本田賞本田賞について

本田賞について

叡智を讃え、技術に光を

本田賞は、エコテクノロジーの観点から、次世代の牽引役を果たしうる新たな知見をもたらした個人またはグループの努力を評価し、毎年1件その業績を讃える国際褒賞です。
本田賞の特徴は、いわゆる新発見や新発明といった狭義の意味での科学的、技術的成果にとどまらず、エコテクノロジーに関わる新たな可能性を見出し、応用し、共用していくまでの全過程を視野に、そこに関わる広範な学術分野を対象としているところにあります。
自らの研究に心血を注ぎ、新たな価値を生み出した科学技術のトップランナーを支援する事が、やがてその叡智を、私達が直面する課題解決に役立てていくための第一歩となります。この観点から、当財団では今後も幅広い視野のもと、さまざまな分野の業績にスポットを当てていきたいと考えています。

褒賞内容について

賞状

日本の伝統技術と近代技術の調和を表現すべく、カバーには日本のすぐれた伝統工芸である佐賀錦を使用し、内側には和紙に紅葉を漉き込み配されている。
この本田賞が、日本で生まれた賞であること、そしてまた、どんなに技術が進歩しても、その核となるものが人の心と手であることを伝えたいとの願いが込められている。

賞状


副賞

1,000万円


メダル

デザインの中心となっている円は、日本をシンボライズすると同時に、新しい技術の完成を象徴している。素材は純銀の地金に金メッキと、いずれも現代技術の粋が集められた。

メダル

本田賞/賞状 デザイン永井 一正(日本グラフィックデザイナー協会理事)

近年の本田賞受賞者

2016年受賞者


磯貝明博士

東京大学大学院農学生命科学研究科 教授

プロフィールへ

矢野浩之博士

京都大学生存圏研究所 教授

プロフィールへ

セルロース・ナノファイバー(CNF)の高効率な製造法の考案、 製品への応用、将来の可能性拡大に対して貢献

プレスリリースへ


本田賞

ライブラリ

語り継ぎたい逸話

本田賞受賞者一覧

Y-E-S奨励賞受賞者一覧

交通アクセス

公益財団法人 本田財団
〒104-0028
東京都中央区八重洲二丁目6番20号
ホンダ八重洲ビル

周辺地図

最寄駅
東京駅、
東京メトロ銀座線「京橋駅」、
東京メトロ有楽町線「銀座一丁目駅」

詳しいMAPへ

グローバル・アントレプレナーシップ・ウィーク日本公式サイト

pagetop