Home本田賞受賞者一覧2007年受賞者

受賞者一覧

※受賞者の所属・役職・プロフィール内容は受賞当時のものです。


記念講演録PDF

(財)本田財団(設立者:本田宗一郎・弁二郎兄弟、理事長:川島廣守)は、2007年の本田賞をフランスのフィリップ・ムレ博士(Philippe Mouret, MD, General Surgery)に授与することを決定した。ムレ博士は28人目の本田賞受賞者となった。

かつて腹部や胸腔内の腫瘍などの摘出手術は、開腹によるものが当然とされていたが、リヨンで開業していた外科医のムレ博士は、1987年にCCDカメラを用いた世界初の実用的な手技による腹腔鏡下胆嚢摘出術を行い、現代の内視鏡外科手術の急速な普及と技術革新への端緒を開いた。
腹腔鏡下の胆嚢摘出手術自体はミューヘ博士(Dr. Eric Muhe)の先例もあったが、ムレ博士は婦人科におけるセム博士(Dr. Kurt Semm)の技法に独自の工夫を加え、より困難な外科手術に応用した。この成功はデュボワ博士(Dr. Francois Dubois)ペリサ博士(Dr. Jacques Perissat)らと共に広められ、今日の外科手術の概念を全く変えることとなった。

独自の医療哲学を持つムレ博士は、この手術方法をあくまで患者の体への負担をできるだけ軽減させること(低侵襲性)を追及するために開発した。これにより切開を最小限に止めることで、痛みや消耗が少なく回復に要する日数も大幅に短縮される。加えて入院に要する費用や医療リソースの削減、患者の社会復帰の早さなど、社会経済的メリットも得られるため、欧米に次いで日本を始め全世界で急速に普及が進んだ。またその後のエレクトロニクスと手術技法の進化により、胃がんや肺がんなど応用範囲が大きく広がり、さらには術者の微妙な操作を助ける最先端ロボット手術の発展にもつながった。

ムレ博士の「医師の“痛み”が患者の痛みを和らげる」という哲学に基づく偉大な功績は、人や社会との調和を第一に考えるエコテクノロジー※の最良の実例の一つであり、本田賞にふさわしいものである。

第28回本田賞授与式は、2007年11月19日に東京の帝国ホテルで開催され、副賞として1,000万円が贈呈された。

*エコテクノロジー(Ecotechnology)
文明全体をも含む自然界をイメージしたEcology(生態学)とTechnology(科学技術)を組み合わせた造語。人と技術の共存を意味し、人類社会に求められる新たな技術概念として1979年に本田財団が提唱。
フィリップ・ムレ博士の略歴:

1966年 
リヨン大学医学部博士課程(医学博士)
1966年~1970年
リヨン病院外科助手
1968年~2001年
リヨン開業医
1981年~現在
トリノ個人病院勤務

ほか、実践教育プロジェクト「Into The Field」の一環としてKrishna Hospital in Arnad(インド・ガジャラト州)に出向。フランス内視鏡外科学会(SFCE)創立者・初代会長

表彰暦:

1992年
Delannoy Robbe 賞(フランス国立医学アカデミー)
1993年
Bullukian賞(リヨン外科学会)
2002年
アメリカ腹腔鏡学会賞(アメリカ・ニューオリンズ)
2006年
フランス外科医師会名誉会員

次の本田賞受賞者へ

戻る

本田賞

ライブラリ

語り継ぎたい逸話

本田賞受賞者一覧

Y-E-S奨励賞受賞者一覧

交通アクセス

公益財団法人 本田財団
〒104-0028
東京都中央区八重洲二丁目6番20号
ホンダ八重洲ビル

周辺地図

最寄駅
東京駅、
東京メトロ銀座線「京橋駅」、
東京メトロ有楽町線「銀座一丁目駅」

詳しいMAPへ

グローバル・アントレプレナーシップ・ウィーク日本公式サイト

pagetop