Home本田賞受賞者一覧2019年受賞者

受賞者一覧

※受賞者の所属・役職・プロフィール内容は受賞当時のものです。


ジェフリー・E・ヒントン博士の略歴:

生まれ
1947年12月 英国(イギリス&カナダ市民)

学歴・学位歴
1970年:ケンブリッジ大学、実験心理学学士号
1978年:エジンバラ大学、人工知能博士号

職歴
1978~80年:カリフォルニア大学サンディエゴ校、博士研究員
1980~82年:ケンブリッジMRC応用心理学ユニット、リサーチサイエンティスト
1982~87年:カーネギーメロン大学、助教授&准教授
1987年~:トロント大学、コンピューターサイエンス学部教授
1998~2001年:ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン、ギャツビー計算論的神経科学ユニット長
2013年~:グーグル・ブレイン・チーム、工学フェロー
2016年~:ベクター研究所、主任科学顧問(無償ボランティア)

略歴
ジェフリー・ヒントン博士は、これまで47年間に渡り人工ニューラルネットワークの研究を続けています。ヒントン博士は、デビッド・ラメルハートおよびロナルド・ウィリアムズ両氏と共に、ディープニューラルネットワークが複雑なデータの効果的な分散表現を学習できることを示しました。また、テリー・セジュノスキー氏と共に、ボルツマンマシンを開発しています。その他の業績としては、混合エキスパートモデル、ニューラルネットワークの変分推論・変分学習法、ディープ・ビリーフ・ネットワーク、そしてカプセルネットワークの考案が挙げられます。トロント大学の彼の研究グループは、音声認識(2009年)および物体分類(2012年)にディープラーニングを用いることで、両技術の革命的なブレークスルーをもたらしています。

栄典・受賞歴
1998年:王立協会フェロー
2001年:デビッド・E・ラメルハート賞(認知科学)
2005年:IJCAI人工知能研究優秀賞
2011年:ヘルツバーグゴールドメダル(カナダ、理工学)
2016年:米国工学アカデミー外国人会員
2016年:IEEE/RSEジェームズ・クラーク・マクスウェル・ゴールドメダル
2016年:BBVA財団フロンティアーズ・オブ・ナレッジ賞 情報通信技術部門
2016年:NEC C&C賞
2018年:ACMチューリング賞(ヤン・ルカン氏およびヨシュア・ベンジオ氏と同時受賞)

主な受賞歴 (受賞16件)
A Learning Algorithm for Boltzmann Machines: (with Ackley, D. H. & Sejnowski, T. J.),
Cognitive Science, Elsevier, 9 (1): 147-169, 1985(ボルツマンマシンの学習アルゴリズム)
Learning Representations by Back-Propagating Errors: (with Rumelhart, D. E. & Williams, R.J.),
Nature 323 (6088): 533-536, 9 October 1986(誤差逆伝播法による表現学習)
A Fast Learning Algorithm for Deep Belief Nets: (with Osindero, S. & Teh, Y.),
Neural Computation, 18 (7): 1527-1554, July 2006(ディープ・ビリーフ・ネットワークの高速学習アルゴリズム)
Reducing the Dimensionality of Data with Neural Networks: (with Salakhutdinov, R.R.),
Science, 313 (5786): 504-507, 28 July 2006(ニューラルネットワークによるデータ次元削減)
ImageNet Classification with Deep Convolutional Neural Networks: (with Krizhevsky, A. & Sutskever, I.), NIPS 2012. Curran Associates Inc.: 1097-1105, 3 December 2012(深層畳み込みニューラルネットワークによるImageNet分類)

次の本田賞受賞者へ

戻る

本田賞

ライブラリ

語り継ぎたい逸話

本田賞受賞者一覧

Y-E-S奨励賞受賞者一覧

交通アクセス

公益財団法人 本田財団
〒104-0028
東京都中央区八重洲二丁目6番20号
ホンダ八重洲ビル

周辺地図

最寄駅
東京駅、
東京メトロ銀座線「京橋駅」、
東京メトロ有楽町線「銀座一丁目駅」

詳しいMAPへ

本田財団フェイスブック

pagetop