HomeY-E-SプログラムベトナムY-E-S奨励賞

各実施国の概要

ベトナムY-E-S奨励賞
概要 授与式レポート 受賞者一覧
インドY-E-S奨励賞概要
概要 授与式レポート 受賞者一覧
カンボジアY-E-S奨励賞概要
概要 授与式レポート 受賞者一覧
ラオスY-E-S奨励賞概要
概要 授与式レポート 受賞者一覧
ミャンマーY-E-S奨励賞概要
概要 授与式レポート 受賞者一覧

Y-E-S奨励賞Plus 受賞者一覧

ベトナムY-E-S奨励賞
協力:ベトナム科学技術省国立科学技術政策戦略研究所、ホンダベトナム

目的

急速な経済発展の途上にあり、日本への関心が高く、諸外国からの直接投資が急増していました。ベトナムの一人当たりGDPは未だ600ドル強であり、日本への留学機会に対する関心の高さに比べ、経済力は不足していました。次世代リーダーのバランスの取れた育成において、2006年からプログラムを開始しました。
Y-E-S 現地HPへ(ベトナム語のみ)

概要

ステージ I 『Y-E-S Award』

ベトナム国内の指定大学において、最優秀の学部学生10名を表彰、副賞3,000米ドルを授与。

ステージ II 『Y-E-S Award Plus』

ステージIの受賞者のうち、受賞後4年以内に下記の研修または留学を決定した者には、申請により、使途を問わない下記のいずれかのAward Plus奨励金を授与する。

【1】学位取得を目指すため、日本国内の大学院(修士・博士)での留学を実行する者には、Honda Y-E-S 奨励賞Plusの奨励金 10,000米ドル。

【2】日本国内の大学院・研究機関・企業において、10週間以上のインターンシップ研修を実行する者には、Honda Y-E-S 奨励賞Plusの奨励金7,000米ドル。

インターンシップから帰国後に、日本国内の大学院(修士・博士)への留学で来日する場合、上記に追加してHonda Y-E-S 奨励賞Plus Expansionとして3000米ドル。

公募指定大学

ハノイ工科大学 ベトナム国家大学ホーチミン市校工科大学 ダナン大学工科大学
ベトナム国家大学ハノイ校工科大学 ベトナム国家大学ハノイ校自然科学大学 (2009年開始) ハノイ交通運輸大学 (2009年開始)
ベトナム国家大学ホーチミン市校自然科学大学(2015年開始) ホーチミン市交通運輸大学(2015年開始) ベトナム国家大学ホーチミン市校国際大学(2016年開始)
フエ大学科学大学(2016年開始)        

Y-E-Sプログラム

ライブラリ

本田財団について

本田賞受賞者一覧

Y-E-S奨励賞受賞者一覧

交通アクセス

公益財団法人 本田財団
〒104-0028
東京都中央区八重洲二丁目6番20号
ホンダ八重洲ビル

周辺地図

最寄駅
東京駅、
東京メトロ銀座線「京橋駅」、
東京メトロ有楽町線「銀座一丁目駅」

詳しいMAPへ

グローバル・アントレプレナーシップ・ウィーク日本公式サイト

pagetop