Home本田賞2008年 授与式レポート

授与式レポート

※受賞者・ご来賓の所属・役職・プロフィール内容は受賞当時のものです。

2008年本田賞 授与式レポート

2008年11月17日、帝国ホテル

2008年本田賞授与式は、11月17日東京の帝国ホテルにおいて在外交館関係者、政府政策担当者、学識経験者、報道関係者など、240名を招き盛大に開催されました。
本年は、世界で初めて収差補正技術を用いて、原子レベルを可視化する電子顕微鏡を開発した、ドイツのプロジェクトチームが受賞しました。


喜びの右からクヌート・ウルバン博士夫妻
マキシミリアン・ハイダー博士夫妻
ハラルド・ローズ博士夫妻

受賞者紹介ムービー

マキシミリアン・ハイダー博士による受賞記念講演

「収差補正による電子顕微鏡の新次元」


マキシミリアン・ハイダー博士

科学者は原子を肉眼で見ることを長年夢見てきました。物質の基本構成を直接見て特性や働きを知るためには、電子顕微鏡の分解能を向上させる必要がありましたが、それに対する私たちの回答が、収差補正という光学技術の採用でした。

記念講演録PDF



ご来賓祝辞

駐日ドイツ連邦共和国
ハンス=ヨアヒム・デア大使

長年、電子顕微鏡の分解能を上げる収差補正理論は、世界の科学者が挑むも不可能とされてきました。しかし受賞された3博士はゆるぎない信念をもとに研究開発を続け、理論的理解から一歩踏み出し見事にツールの開発に成功されました。
日本顕微鏡学会
高柳 邦夫会長

3博士が実用化した収差補正技術により、電子顕微鏡は100年の生を受けたごとく若返り、半導体や金属、バイオ材料の研究に広く活用され、新素材開発などさらに豊かな社会に役立つことでしょう。

次の本田賞授与式レポートへ

本田賞

ライブラリ

語り継ぎたい逸話

本田賞受賞者一覧

Y-E-S奨励賞受賞者一覧

交通アクセス

公益財団法人 本田財団
〒104-0028
東京都中央区八重洲二丁目6番20号
ホンダ八重洲ビル

周辺地図

最寄駅
東京駅、
東京メトロ銀座線「京橋駅」、
東京メトロ有楽町線「銀座一丁目駅」

詳しいMAPへ

グローバル・アントレプレナーシップ・ウィーク日本公式サイト

pagetop